アラサ―女がおすすめする東野圭吾TOP10

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

みゅん
本はそんなに読まないけど、東野圭吾だけは読める!そんな人も多いです 

ぴこ
読みやすくて引き込まれるんだよね

大好きな東野圭吾の作品を10作品紹介します

 

みゅん
読んだのが昔過ぎて思い出せないものはランキングに入れていません 

ぴこ
「宿命」なんて名作なはずなのに、思い出せない!なんでだ?

みゅん
では、いってみよう

 

 

第10位: ダイイング・アイ 

みゅん
この話はコワイよ。寝る前に読んじゃだめだからね

ダイイング・アイ (光文社文庫 ひ 6-11)

新品価格
¥720から
(2017/2/15 20:31時点)


ある女性が事故で亡くなります。

事故直後の女性の目の力が、事故に関わった全ての人を支配していく、

そんな話です。

事故を起こした主人公は過去の記憶の一部が欠落しています。忘れてしまっている記憶の中に真実が隠れています。

コワイのが苦手じゃなければ読んでみてください✧

 

 

第9位: 秘密 

みゅん
映画化もドラマ化もして話題になりました

秘密 (文春文庫)

新品価格
¥734から
(2017/2/15 20:32時点)


妻の直子と娘の藻奈美が乗ったスキーバスが事故にあってしまい、奇跡的に娘だけ助かります。

しかし、助かった娘の身体には、妻の直子の魂がやどっていた、

という話です。

娘の身体で生きていく母は医学部を目指し見事合格、夫との関係はギクシャクしていきます。

結末が印象的で記憶に残っています。

 

 

第8位: どちらかが彼女を殺した 

みゅん
潤一と佳代子のどちらかが犯人?

どちらかが彼女を殺した (講談社文庫)

新品価格
¥659から
(2017/2/15 20:33時点)


言っちゃっていいのかな、犯人が最後まで明かされないんです。

でも、確か文庫本に解説が載っているらしい?

推理しながら読むのがおもしろいので、おすすめです(ㆁᴗㆁ✿)

 

 

 

 

第7位: むかし僕が死んだ家 

みゅん
主人公は恋人の記憶を取り戻すために、小さな家を訪れます

むかし僕が死んだ家 (講談社文庫)

新品価格
¥605から
(2017/2/15 20:34時点)


小さな家で、一体どんな真実が待ち受けるのか。

登場人物はたったふたり、舞台はひとつの「家」のみ。

たったこれだけでおもしろい本が一冊書けるって本当にすごいです。

 

 

第6位: 片想い

みゅん
主人公は、アメフト部の元マネージャーにある秘密を告白されます

片想い (文春文庫)

新品価格
¥886から
(2017/2/15 20:36時点)


この文庫本は確か分厚かったような記憶があります(•ө•)

「性同一性障害」など性差の問題、仲間との友情やミステリーなど、いろんな要素が入っています。

好みが分かれる作品ですが、わたしは好きで2回読みました!

なんだかせつなくて記憶に残っています。

スポンサーリンク

 

第5位: 白夜行 

みゅん
ドラマ化も映画化もした傑作です

白夜行 (集英社文庫)

新品価格
¥1,080から
(2017/2/15 20:36時点)


迷宮入りした事件に関係した少年と少女がどうなっていくのか?

読んでいて苦しいです。

でも一気に読んでしまうくらい、すごい力を持った作品です。

ドラマも素晴らしかった!最終回の印象が強く残っています。

堂々の5位です(° ꈊ °)✧キラーン

 

 

 

第4位: マスカレード・ホテル

みゅん
これドラマ化しないかなぁ

マスカレード・ホテル (集英社文庫)

新品価格
¥821から
(2017/2/15 20:37時点)


都内で事件が起きます。次の犯行現場としてあるホテルが浮上します。

ホテルのフロント業務の女性と、ホテルに潜入する刑事のふたりがメインです。

このふたりが素敵で良いんですよね(ㆁᴗㆁ✿)

とても良い新シリーズが始まりました!

 

 

 

第3位: 手紙 

みゅん
映画泣いたよ、号泣だよ

手紙 (文春文庫)

新品価格
¥691から
(2017/2/15 20:38時点)


兄が罪を犯し、弟は差別を受けながらも一生懸命生きて行きます。

兄は悪い人間じゃないんです。

でもやってしまった事は消せません。

印象的だったのは、主人公の勤め先の社長の言葉、映画でも印象的でした。

是非読んでください( ∩ˇωˇ∩)

 

 

第2位: 容疑者Xの献身

みゅん
最初に映画を観ました

容疑者Xの献身 (文春文庫)

新品価格
¥680から
(2017/2/15 20:39時点)


生きる希望が何もなかった石神という男が、隣に引っ越してきた親子に出会います。

誰かの為に何かしてあげたい、と思う事はあると思います。

でも、ここまでできるのか、と衝撃を受けました。

映画も素晴らしいです。

 

 

第1位: 悪意 

みゅん
10代で読んだ時の衝撃が強かった

悪意 (講談社文庫)

新品価格
¥691から
(2017/2/15 20:40時点)


読み終わった時の感想は、

悪意に、満ち満ちていました( Д) カッ!!

です。

ちょっとした行動で、その人がどういう人物かを印象づけてしまう事ってあると思います。

それによって、あの人ならやりかねない、あの人なら悪い事しちゃうかもね?

みたいな事思ったりしませんか?

ネタばれしたくないので深くは書きません。

加賀刑事シリーズはとてもおもしろいのでおすすめします。

個人的に大好きなので、1位ですよ(° ꈊ °)✧キラーン

 

みゅん
東野圭吾おすすめTOP10!いかがでしたか?

ぴこ
参考にしてくれたらうれしいです

スポンサーリンク
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください