整形外科で医療事務⑥コミュニケーション能力

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

みゅん
人間関係大事
ぴこ
空気を読む事も大事

整形外科で医療事務シリーズ第6回目です。

医療事務のお仕事を始めて丸4年

わたしの職場は事務も看護師さんもリハビリチームも仲良しです。

なので、新人さんもピリピリした空気を感じたりする事もなく、馴染みやすいと思います。

長く働いて、おめでたで退職していくのがだいたいのパターンです。

 

それでも中には2、3ヶ月で辞めていく人もいるわけです。

そんな人たちには共通点があるなぁと、最近気づきました。

 

今日はそんな事についてちょっと書いてみたいと思いますヽ(•̀ω•́ )ゝ✧

 

 



 

狭い空間で少人数で働くという事
みゅん
クリニックの受付について

 

クリニックの受付って、結構狭いです。

病院はとても広いですよね。

 

例えば、狭い空間で3人で働くとしましょう。

役割分担はある程度あるとしても、周りの状況をよく見て、

今自分が何をするべきが考えて行動する事が求められます。

チームワークですよね、あうんの呼吸ってやつです。

もちろん、入職してすぐにそんな事はできなくて当然です。

3ヶ月くらいで慣れていけばいいと思います。

 

でも、

 

半年経っても自分で考えて動けない、人の指示がないと動けない人。

時々います(*>_<*)ノ

そういう人たちは人とコミュニケーションとるのが苦手な人が多いです。

人と話すのが苦手な人は医療事務という仕事、かなり苦痛かもしれません。

事務といっても人と接してばかりのお仕事ですよ。

わかりやすく患者様に説明をしないといけない事も多いです。

コミュニケーションが苦手な人は説明する事も苦手です。

患者さんから質問されるとパニックになって何も答えられない、というような人もいます。

根気強く頑張って少しずつできるようになっていく人もいますが、

クリニックはなんといってもスタッフが少人数

一人前になるまでに人の何倍も時間がかかる人は、

その長い時間、他のスタッフに負担をかけ我慢してもらう事になります。

なので、職場の人との関係次第では居づらくなったりする事もありますよね。

 

職場での人間関係に悩んでいる人は少し勇気を出して、

休憩中にあんまり話した事ない人に話しかけてみたり、積極的に行動してみたらいいかもしれません。

仲良くなれたらうれしいし、人と話すのが楽しくなるかもしれませんよ(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

みゅん
夏バテしないように♥

 



 

 にほんブログ村 美容ブログ 30代女磨きへ follow us in feedly

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください