カランメソッドで1年間英語を勉強してみた感想

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

みゅんみゅん
ロンドンのカランスクール

みゅんぴこ
楽しかったよね

ロンドンのOxford streetにある「Callan school」に1年くらい通っていました。

その学校は2015年になくなってしまったんですが、カランメソッドで勉強している人は今も多いです。

 

わたしがカランスクールに通う事にした理由は、

  1. 他のイングリッシュスクールに比べて格段に授業料が安かった
  2. 授業中はあまりテキストを使わず、先生の質問に答えるだけ
  3. 他学校によくあるプレゼンテーションの時間やゲームの時間がない

 

という点からです。

 

評判の良い学校は本当に授業料が高いです。

ロンドンに来る前はボーンマスというところに3ヶ月いました。

そこで通った学校はプレゼンテーションの時間とかゲームの時間が結構あって、特にプレゼンテーションは苦痛でした。

(人前で発表とか苦手)

 

それに比べてカランスクールは、基本先生の質問に答えるだけ。

 

例)

先生:あなたはどんな種類の仕事が一番退屈だと思いますか?

わたし:わたしは〇〇の仕事が一番退屈だと思います。なぜなら~~だからです。

 

というように、英語で延々と会話をしていきます。先生が間違いや発音を正してくれます。

普段英語を話す時に全く気にしていなかった事を指摘されたりして、とても勉強になりました。

 

例えば、We are って言う時のWe、

普通にうぃーって言いますよね?

もっと唇を突き出すんだよって言われたんです。

うーってアヒル口みたいに唇を突き出すとか日本語を話す時はないから、言われて驚きました( ᵅั ᴈ ᵅั;)~♬

shoppingっていう単語がイタリア人のクラスメイトに通じない事があって、それは、shの発音が原因だったり。

気付かされることがたくさんありました(๑•̀ㅂ•́)و✧

 



 

カランメソッドについて

みゅん
カラン♡

教材は日本人用があります。

わたしが通っていた学校にはレベル10以上は英語だけのものしかなかったです。

日本人用と言っても重要な単語に訳が書かれている程度です。

 

カランメソッドについての説明が、本の裏表紙に書いてあります。

注目は、

 

通常の4分の1の時間で、英語を教えます。

 

というところでしょうか。

先生が早口2回質問を繰り返し生徒が即座に答える

繰り返し繰り返し英語を叩き込んでいきます。

わたしはこの授業がとても好きでした。

他の生徒が質問されている時も、自分の頭の中で繰り返して答えて、

かなり英語を叩き込む事ができました。

 

カランメソッドについて詳しくはしりたい方はこちら

 




 

 

わたしの好きな英語の本

みゅん
自分にあう本が必要

英語を勉強しようと思って本を買っても、1,2ページめくって終わりになったらもったいない(*>_<*)ノ

そこでおすすめしたのがこちら↓

 

英語版の漫画

漫画はほとんど会話なので、読みやすいです。

ストーリーも知っていたら、わからない単語も想像がつきます。
洋書 漫画

ランディ・パウシュ最後の授業

日本語訳がついた動画もあります。

余命半年の大学教授の最後の授業です。

とてもおもしろい授業で、最後は感動しました。

英語の本も買いました❤(。☌ᴗ☌。)

元気がない時にこの本をめくると元気がでます。

動画を観て興味を持った人におすすめしたい一冊です(✿´ ꒳ ` )

 

ぴこ
今日はカランメソッドを紹介しました

 



 

 
 follow us in feedly

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください